南 明美(台東区)

南 明美  (みなみ あけみ)

プロフィール

荒川区東日暮里育ち、2007年から台東区谷中で夫と二人暮らし。台東区、文京区(主に谷根千界隈)で活動しています。
10代後半から約30年も不定愁訴の塊のようだった私が、ガンダーリさんの六本木クラスに初めて参加。強く押したり揉んだりしていないのに、慢性的にガリガリバリバリだった背中が軽く柔らかくホコホコ温かくなっていることに感動。それから週1回3年間休まず通い、インストラクターになりました。

自己PR

谷中は寺町、緑が多く心が和みます。谷中・根津・千駄木~上野桜木や日暮里辺りを歩くのが好きです。ここに限らず、昭和を思い出す町並みや、
明治大正昭和初期の建物を見ると嬉しくなります。
子どもの頃から着物が好きで、着付もできますが、自分で着るのも得意です。一方、Ecxelも得意。
20代~30代には日舞を13年間続けましたが、現在はバレエを習っています。和みのはなちゃん先生の〈世界一教えないダンスクラスSOD〉にも参加しています。
朗読と読み聞かせを約10年間習っていました。最近では、絵本や詩を和みの皆さんの集まりで聴いていただいています。
六本木DOZ(木)夜クラスに毎週通い(家で一人でやることはほとんどなかったですが;苦笑)……
日常的に重かった頭と体が本当に軽くなりました。頭痛も肩こりもちゃんと“治る”“元に戻る”ことを実感し、自分の体を信じられるようになり、以降一度も整体治療に行かずに済んでいます。20代からの花粉症もほとんど治ってしまい、驚きです。若い頃は体力に自信がなくいつもいろんなことに躊躇していましたが、50代の今の方がずっと元気です。

和みとの出会い

10代の頃から約30年もの間、頭痛持ちで肩こり背中こり、病気で倒れることはないのですが、いつも辛くて東洋的な施術や漢方薬はかかせませんでしたし、心もずっしり重く、カウンセリングも受けたり。
「一生涯、整体その他諸々の施術治療に通い続けなきゃいけない身体って?????…自分の体は自分でケアできないの?」と思い始めて何年か経ち……
図書館で絵本を借りた帰りがけに偶然、目に留まったガンダーリさんの著書『心と体に効く和みの手当て』
「!私にぴったりのタイトル!」と早速借りて帰りました。本が出会いでした。

和みの場

・旗の台スタジオリンデ(月1回、きくよさんと)
・谷根千界隈(詳細はお問い合わせください。)

問合せ先(☆を@に変えて送信してください)

amari373akemi☆gmail.com