自分の健康と幸せは自分で創る!!自然治癒力を高める癒しの手当法「和みのヨーガ」で、より若く、より美しく、より健康的に!
和みのヨーガ


原点

簡単・自然な和の心を活かしたヨーガ

和みのヨーガは、日本人の智恵を盛り込んだ「和の心を活かして」
自然治癒力を活性化するプログラムです。

とっても簡単な手当てで身体の歪みを直し、健康で美しくなり、
生き方まで楽になっていくというものです。

経絡に沿って、つぼ指圧をしながら、音楽と共に心地よく流れてくる誘導の言葉は、
それを聞いているだけで、自然と身体も心もゆるんでいきます。

身体の感覚に意識を向ける
なでる、さする
左右の差を感じる
意識を向けたところを動かす
といった簡単なことの繰り返しで、何度かやっているといつのまにか考えなくても、
身体が動いて必要なところを手当てしてくれるようになります。

その中には、
呼吸とはつまり、吸う息は口ではなく、鼻から行うこと
と言う、当たり前のことから始まり、
昼間は、太陽の光を目から取り入れ、
夜は真っ暗にして寝ること
お腹を冷やさないこと
などといったさりげなく日常の中で行っていける「おばあちゃんの智恵」
が詰まっています。

身体が変われば、心も変わる

・「舅さんと喧嘩して大嫌いになっていましたが、身体ほぐしをしたら、自然と冗談を言える間柄になって嬉しかった」 (30代女性)

・「お姉さんが生まれてきた弟をいじめるので、叱ってばかりいなくてはいけなくて苦しい・・・」といっていたお母さんが、「家族で身体ほぐしをし合ったら、叱る事もなくなりとっても幸せです」 (20代女性)

・「いつも、部下がなんて無能なんだとイライラしていたけど、今ではゆっくりと待つことができて任せることもできるようになりました」 (40代男性)

と、身体を緩めるだけで心も変化していく体験をしてくださっています。

本当は、イライラとした性格とか、怒りっぽい性格なんてありません。

身体がこわばっているから・・・・無理ばかりさせているから、心がこわばって
自分を嫌いになり、人も嫌いになってしまうのです!

「身体が偏っているのですよ!」と言う認識さえさせれば、
自然と治癒力が働き出して、歪みが解消され、
身体がリラックスして、心も自然と優しくなっていきます。

身体が変われば、心も変わります!
みんな、みんな頑張らないで、競争しないで♪
ゆったり、のんびり自然のリズムと共に生きることができます♪

みんなが安心してゆったり生きることができれば
まわりが幸せになり、世界が平和になってゆきます♪

伝えたいこと:宇宙のリズム

私たちの生命は、大自然、大字宙の波動を常に受けています。
実際にはどんなことが起こっているかといえば、
大宇宙からは1分間に18回大きな波が来ます。
この数は肺の呼吸と同じです。
18の2倍は36で、波動が熱に変化して体温となります。
36の2倍は72で、心臓のリズム数です。

今度は熱が力に,変化して、体内をめぐらせる原動力になります。
72の2倍は144で、最高血圧の目安にたります。
潮の満ち干は、地球、月、太陽の引力による運動です。
生まれる時は満ち潮、死ぬ時は引き潮ですし、
月の公転と女性の生理の周期は同じで28日です。
赤ちゃんは28日を1ヶ月として、おなかに入ってから10ヶ月で生まれてきます。

このように私たちの体は宇宙から発せられる波のリズムと合っています。
また、生命に関する重大事が起きた時、"虫の知らせ"といわれている念波が出ます。
この念波は150億光年のかたといえども一瞬にして飛んでいくのです。
言葉は音波、体は身体波と分けることもできます。

line2.jpg

といったことを自然に何気なく伝えたいと言うのが、和みのヨーガを作った目的のひとつです。

和みのヨーガが出来た経緯

和みのヨーガは、13年前に心と身体を解放するビジョンシアターと言う
ワークショップの中から生まれてきました。
→ビジョンシアター(現幸せ創造劇場)について

心を解放するには、身体の緊張を取り除くことが効果的だったからです。

そのワークショップに参加してくださった松柏堂医院の中村先生が
「身体のワークが素晴らしいので是非私に教えてください」と
お声をかけてくださったのが始まりです。

松柏堂医院のホールDOZでのアトピー患者さんなどが参加するようになり、
週1回の定期的な開催が行われるようになりました。

その後、川崎の男女共同参画センターなどの区の施設や学校関係などで
ワークショップと言う形から独立して単独講座となる機会が増えて、
たくさんの学びたいと言うお声を頂き、一般公開講座を作りました。

創始者ガンダーリ松本だけではお伝えできないほどの要望を頂きましたので、
ガンダーリ松本の心理学のワークショップを学ぶお弟子さんが、
最初の代理講師となっていただき、
その後区の講座で勉強してくださった方々が、
ホールDOZに通いインストラクターとなりました。
2006年には多くの要望からインストラクター養成合宿を開催し、
志の高い方々がインストラクターとなり、各地で和みのヨーガをお伝えしております。

インストラクターになった方々は皆さん「自分のためにさせていただいています・・・」
と楽しんで周りの方々にたくさんの愛を配っています。

2011年現在は、週2回のホールDOZでの講座、月1回土曜日の講座、
それぞれインストラクターが各地で開催する講座、
3ヶ月に1回のインストラクター養成講座、
通信教育講座(がくぶん総合教育センター)などがあります。

通信教育を受けて全国各地でインストラクターになってくださる方が増えてきています♪
通信講座ご希望の方には、和みのヨーガ研究所から補助が出ますので
問い合わせしてくださいませ。